ぼったくり、よくない(; ̄ェ ̄)

●DIARY  スタッフ日記
11 /10 2012
お久しぶりの、ひとり言日記ブログでございます!

お久しぶりの「DIARY スタッフ日記」カテゴリーです!

何か有益な、役に立てるような
留学準備にも参考になって

留学楽しみだなぁ~
早く行きたい!って思えて

留学にきた方にもこんな所があるんだ行ってみたい!

って思って頂けるようなブログを目指して日々ネタ探しも頑張っておりますが

留学前のお客様にも留学中のお客様にも「読んでます」とおっしゃっていただけて

とっても嬉しいです!!本当に!!ヽ(;▽;)ノ

いつもありがとうございます!!!(≧▽≦)



さてさて、いつぞやにも書いたのですが、
ちょっと毒舌記事がお好きだという方が何人かいらっしゃったので、
たまには毒で行こうかなと思います

いや、こないだ말도 안돼!(ありえない)ええええ~???という出来事がありまして。。。


とあるコシウォンから電話がかかってきたのです。

GO!では韓国語を使う業務は韓国人スタッフが担当するのでスタッフがとりました。
が、コシウォン社長さんの声がおおおきくて隣の私にも全部丸聞こえだったので、
会話形式でお届けします。

※完全に再現していません
特定をふせぐためにフェイクをいれます
※個人名や数字は適当に書きます


社長さん「Bコシウォンなんだけどねぇ!」


私 (あ、秋学期から○○様にご紹介した所だ!
何も連絡はないけどもしや問題が…!!??Σ( ̄。 ̄ノ)ノ )

社長「A社って知ってる?」

韓国人スタッフ「いやぁ聞いたことないですね・・どうしたんですか?」

社長「それがねぇ・・」

かぶりながら
私「こそこそ 知ってる!こうこうこういうのだよ!日本人利用するよ!」

韓国人スタッフ「ああうちの職員が知ってるって言ってますね」

社長「A社からうちのコシウォンに短期で日本人学生がきたのよ。
でもう帰国するんだけど、
<今度また韓国にくる時は、個人的にこのコシウォンに泊まってもいいか?><いくらか?>って。

だから<もちろんまた来てね、1ヶ月60万ウォンよ。>って言ったら

<ちょっとまって私今回のステイでこのコシウォン泊まるのに
1ヶ月120万ウォンって言われて、A社に払ったんだけど、
どういうこと!?>ていわれたの!

うちはA社から60万ウォンしか受け取ってないから、
話したら日本人学生さんは理解してくれたけど、

今度は学生さんとA社が喧嘩しちゃって

と思ったら、私がA社に
<何で学生に家賃の価格言ったんだ>って怒られてもめちゃって

もーーーどーーなってんの?
こういうの多いの?
あなたんとこは学生が家賃直接払うじゃない?
そうじゃないのもあるの?
なんなの?
もーーーなにこれ!
その後は愚痴が続く・・・・・・・・


なんて事が!
あってびっくりしました・・・。

コシウォンに1カ月 120万ウォンってなんじゃーーーーー((((;゚Д゚))))

弊社のお客様ではないけれど、その方だってもう60万ウォンあったらホテル暮らしだってできたし
韓国語の家庭教師雇ったっていいし
好きなものショッピングしてもいいし…
やりきれなさに事務所でさけんでしまった……


韓国の物価を考えたら
単純に家賃の2倍というのはとてもひどいと思いました…。
自分が大家さん・不動産所有者でもないわけですしね。


結局電話は社長アジュンマの愚痴がメイン

というところに落ち着いてしまって、

その日本人学生さんとその会社とがどうなったかはわかりません。
GO!と取引があるわけでもないので…


うぅぅんん。。。。
なんだか複雑な思いです。。。。



こういう場合は学生さんにとってはどうしようもないことですが、

コシウォンや下宿を契約・入居される時
家賃のやり取りについての確認
退出日はどのくらい前に言わなくてはならないか

もそうですが、

個人での語学学校の入学
例えば返却規定

エージェントの手配
内容どこからどこまでか、返金規定

航空券の購入
もし帰りの便を帰られるなら何回まで、方法、期限とか

ビザ・外国人登録
必要書類すべて不備がないか
申請できる日・時間・受け取り方法チェック

現地の携帯電話契約
使用期間と違約金のチェック


などの
大~切~な事柄は、
かならず1つ1つ、
メモをとって永久保存版にしておく勢いで
確認をしてください

すべて「契約書」「請求書」「案内書」といったものに書かれています

よく読むのです

自分のための自分の留学です。

自分で「留学のしおり」

心の中でも・手帳でも・スマフォのカレンダーでも・タブレットのアプリでも・手書きのしおりBOOKでも★

「留学のしおり」をつけて

自己責任で自己管理をしてください。


厳しいようですが、
そういった自己管理がでてるようになるのも、
後から振り返ると「留学のおかげだった」
になると思います。

人間的にどんどん成長していきたいなぁと思う日々です!!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NIKKAN SUPPORT CENTER

日韓サポートセンター日本人スタッフ

ソウル在住だからお届けできる楽しい韓国ライフ、
韓国留学・ワーホリ、「コシウォン」情報を更新していきます(*´ω`*)

http://www.go-kankoku.com


★迷惑メールフォルダに弊社からのメールが入ってしまっていないかご確認ください!★
お問い合わせの返信メールが迷惑メールなどに分けれてしまうケースがございます。お手数ですがご確認くださいませ!